Web評論誌『コーラ』42号に〈心霊現象の解釈学〉「入ってはいけない部屋」を寄稿しました

*[昨日の晩ご飯]

豚と白菜の鍋、モヤシとカイワレ大根のラー油和え。

 

*[メモ] Web評論誌『コーラ』37号のご案内

ご報告が遅くなりましたが、駄文を寄稿させていただいているWeb評論誌『コーラ』42号が発刊されたのでご案内します。

私の〈心霊現象の解釈学〉は、前回取り上げた幽霊屋敷と化物屋敷について、江戸怪談を参照して再考したものです。例外が多くて、うーん理屈通りにはいかねえなとため息。

-------以下<転載歓迎>ですので、ご紹介くださいませ。---------- ◆Web評論誌『コーラ』42号のご案内(転載歓迎)  ★サイトの表紙はこちらです(すぐクリック!)。   http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/index.html  ●PDF版『La Vue』No.2(2000/06/01)<ペーパー版からの復刻です>  ジェンダー・立ちすくむ経験   落合祥堯  フットボールの進歩についての試論   山口秀也  商品の呪術的性格の脱魔術化に向けて   平野 真  ヘーゲル精神現象学』は〈超・娯楽読み物〉である   佐野正晴  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/LA02.pdf   

----------------------------------------------------------------  ●連載:哥とクオリア/ペルソナと哥●   第58章 映画/モンタージュ/記憶(その4)    http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/uta-58.html   第59章 映画/モンタージュ/記憶(その5)    http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/uta-59.html     中原紀生   映画的なもの、あるいは、「メカニカルな側面」(「知覚=移動カメラ」と  「想起=モンタージュ」の水平軸)と「心的現象の側面」(記憶の垂直軸)、  もしくは、変換や転換や翻訳に際して「残るもの」と「失われるもの」(牧野  成一『日本語を翻訳するということ──失われるもの、残るもの』)の二元性  を旨とする映画的構造をもったもの。そのひとつの典型が、この論考群で考察  の対象(というか、素材)としてきた王朝和歌であって、このことが意味する  のは、ここまで議論してきた事柄、すなわち、映画とは夢のパースペクティヴ  の引用で、パースペクティヴがひらく空間の内部において、移動カメラが切り  とったイメージ群が、遠景化(ロング・ショット)や近景化(クローズアップ  ・ショット)、焦点移動(トラッキング・ショット)、等々の技法によってモ  ンタージュされ、作品化され、それが観客の心的現象として投射され、感情移  入されて、映画的なものが完成する、これら一連のプロセスが、そっくりその  まま王朝和歌の世界にもあてはまる、ということにほかなりません。  (Webに続く)  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/uta-58.html  

----------------------------------------------------------------   ●連載〈心霊現象の解釈学〉第20回●   入ってはいけない部屋   http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/sinrei-20.html   広坂朋信   前回、J・P・サルトル存在と無』から幽霊屋敷の理論を抜き書きした。サ  ルトルはpossedeというフランス語に「所有されている」のほかに「とり憑か  れている」という意味もあることを活かして、幽霊屋敷とは、かつてその家宅  を所有していた死者についての記憶が物象化したものだとした。   一方で、これはあくまでも近世怪談の場合だが、日本の伝承では幽霊が家屋  ・土地に憑依するケースは(皿屋敷伝説の「お菊を幽霊とするか妖怪とするか」  問題は残るものの)、少なくとも文献上は少ない。もっとも、少ないだけで、  無いというわけではない。これも以前紹介した『新選百物語』中の一話「思ひ  もよらぬ塵塚の義士」で「狐屋敷」と呼ばれた廃屋に住み着いていたのは狐で  はなく亡霊だったし、高田衛編著『大坂怪談集』(和泉書院)に収録されてい  る「袴幽霊の話」でも化物屋敷の化物の正体は亡霊だった(この二つの話には  何かの近縁関係があるかもしれない)。しかし、土地・家屋に憑くものは神霊  ・精霊・妖怪だと伝えられる場合がほとんどである。  (Webに続く)  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/sinrei-20.html   

----------------------------------------------------------------  ●連載「新・玩物草紙」●   古井由吉の仮名往生試文/別役 実      http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/singanbutusousi-46.html   寺田 操   新型コロナウィルスがじわじわとしのびよる2020年2月18日、作家・  古井由吉氏が82歳で死去された。何度目かの『仮名往生伝試文』河出書房新  社/1989・9)を開いた。三月十七日、火曜日、曇、日付を持つ文に目を  とめた。年末から作者は風邪をひいていて、小春日和が二日続いて、また寒く  なったが、風邪気は抜けている。その後に続くのが「疫病流行」についての次  の記述である。   《疫病流行の前年とは、どんな雰囲気のものなのだろう。どんな生き心地の  ものなのか。もちろん、疫病はいきなり始まるものではない。余剰の乏しい時  代ならば、ほとんどかならず、不作凶作が先行するのだろう。飢饉と疫病はや  がて区別もつかなくなる。(略)何年にもわたり、おもむろに始まるのであり、  その前年というものはない。人の暦の段取りを待って起るものではない。》                          (いま暫くは人間に)  (Webに続く)  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/singanbutusousi-46.html  

------------------------------------------------------------------   ●Web論考アーカイブ(リンク集)●  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/ronko-archive.html.  2020年度企画として今年度より、ネット上のWeb論考を編集部の判断により、  適宜このサイトにリンクすることを企画いたしました。読者各位のお役にたて  れば幸いです。  いずれ論考数が増えてくれば、テーマ別に再編集する予定です。  (Webに続く)  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/ronko-archive.html.

-------<転載歓迎>は、ここまで。-----------------------------------

漫画実写化邦画ベストテン

ワッシュさんの「漫画実写化邦画ベストテン」に参加します。

https://washburn1975.hatenablog.com/entry/2020/10/31/221325

はてダのころはトラックバックですんだのに、はてなブログになってから使い勝手が悪くなってほんとやりにくいわ…とぼやきながらも頑張って更新します。

選択の基準は、原作を読んだことがあり、かつ、自分が観たことのある映画です。

順位は私の趣味です。

1.『累-かさね-』(2018)原作・松浦だるま、監督・佐藤祐市、出演・芳根京子・土屋太鳳他。

2.『地獄少女』(2019)原作・わたなべひろし、監督・白石晃士、出演・玉城ティナ・森七菜他。

3.『海街diary』(2015)原作・吉田秋生、監督・是枝裕和、出演・綾瀬はるか夏帆他。

4.『夕凪の街 桜の国』(2007)原作・こうの史代、監督・佐々部清、出演・麻生久美子田中麗奈他。

5.『壁男』(2007)原作・諸星大二郎、監督・早川渉、出演・堺雅人小野真弓他。

6.『毎日が夏休み』(1994)原作・大島弓子、監督・金子修介、出演・佐伯日菜子佐野史郎他。

7.『どろろ』(2007)原作・手塚治虫、監督・塩田明彦、出演・妻夫木聡柴咲コウ他。

8.『櫻の園』(1990)原作・吉田秋生、監督・中原俊、出演・中島ひろ子宮澤美保他。

9.『さくらん』(2007)原作・安野モヨコ、監督・蜷川実花、出演・土屋アンナ菅野美穂他。

10.『20世紀少年』(2008)原作・浦沢直樹、監督・堤幸彦、出演・唐沢寿明常盤貴子他。

 

きれいで、お芝居のしっかりした女優さんがたくさん出てくる映画が好きです。鼻の下をのばして見とれます。

・『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』(2015)は原作ものと言えるのか、迷いがあるので外した。

・『墨攻』(2007)は邦画と言えるのか、迷いがあるので外した。

・世間では『デビルマン』(2004)がワーストに挙げられるが、『火の鳥』(1978)も当時の名優・スターをずらりと並べたのに、かなりがっかりな仕上がりだった。

ちなみに、昨日の晩ご飯は、妻は焼き肉とサラダ、私は前日の鍋の残りでした。

 

仕事場のパソコンが壊れました

仕事場のパソコンが壊れました。

保証期間内だったので修理に出すことになりました。

このため十日ほど連絡が滞ります。

このあいだ買ったばかりのスマホで携帯メールは受け取れますが、長い文章は打てないのでご勘弁ください。

スマホのキーは私の指には小さすぎるのです。

会社のメインパソコンは元気で、妻がバリバリ使っていますので、仕事上のご連絡は会社のメールアドレスにいただければ確認できます。

教えはじめた大学の採点作業が終わって、さあ本業再開と気合を入れた途端にこのアクシデントで、いささかがっくり来ておりますが、パソコンでは出来ない仕事に専念することにいたします。

Web評論誌『コーラ』41号のご案内

昨日の晩ご飯は、スーパーで買ったお寿司とケーキでささやかなお祝い。

さて、Web評論誌『コーラ』41号に〈心霊現象の解釈学〉第19回を寄稿しました。

今回は「お化け屋敷と幽霊屋敷」と題して、としまえん(もうすぐ閉園)のお化け屋敷をマクラに欧米の幽霊屋敷について書いてみました。秘かに念願としていた、サルトル存在と無』に幽霊屋敷への言及があることについての指摘も不十分ながらかなえることができました。

あいかわらず、投げやりな議論で恐縮ですが、現代哲学と幽霊の微妙な関係にご関心のある方はご笑覧いただけると幸いです。

 

 --------------------------------------------------------------- 

 

◆Web評論誌『コーラ』41号のご案内(転載歓迎)

 

 ★サイトの表紙はこちらです(すぐクリック!)。

  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/index.html

 

  • PDF版『La Vue』No.1(1999/12/01)<ペーパー版からの復刻です>

  社会改造プログラムとしての投げ銭  松本功

  余りの方から割り算されて  加藤正太郎

  ドラゴンアッシュは「親離れ」の90年代型モデルある  田中俊英

  ヴァジラヤーナの封印について  森ひろし

  季刊『La Vue』への誘惑 山本繁樹

 http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/LA01.pdf

 

  ----------------------------------------------------------------

 

  第56章 映画/モンタージュ/記憶(その2) 

  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/uta-56.html

  第57章 映画/モンタージュ/記憶(その3) 

  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/uta-57.html

 

  中原紀生

     ■小林秀雄に訊く──心眼と白光

  若松英輔氏は『小林秀雄 美しい花』に、「岩に刻まれた意味不明の碑文」

 を例に挙げ小林秀雄が、「「本文」というものは、みな碑文的性質を蔵してい

 て、見るともなく、読むともなく詠めるという一種の内的視力を要求している

 ものだ。」云々と、「読むことの神秘」(321頁)について述べた『本居宣長

 の叙述を踏まえて、次のように書いています。

 (Webに続く)http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/uta-56.html

 

 ----------------------------------------------------------------

 

  • 連載〈心霊現象の解釈学〉第19回●

  お化け屋敷と幽霊屋敷

  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/sinrei-19.html

 

  広坂朋信

  夏なのだから、気のきいた怖い話でもお届けしたいところだが、今夏いちば

 ん怖いものは、コロナウイルス感染再拡大と政府の無策(愚策)だと、話のオ

 チはすでにみなさんのご想像の通り。これでは埋め草記事にもならない。

  とはいえ、話題が何もないというわけではない。最近ちょっと驚いたことが

 あった。自分がツイッターに投稿したつぶやきがバズったのである。とはいえ、

 リツイートと引用リツイートが1.6万、いいねの数が7.5万だから、著名人のツ

 イートに比べれば微々たるものだが、私のツイッターのフォロワーは228名だ

 から、そこから考えるととんでもない数だ。ご近所さんとの井戸端会議の気分

 でツイッターを使っていたので、万単位のアクセスには正直言ってびびった。

 (Webに続く)

  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/sinrei-19.html

  ----------------------------------------------------------------

 

  • 連載「新・玩物草紙」●

  映画はビデオで/手のレッスン  

  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/singanbutusousi-45.html

 

  寺田 操

 「映画はビデオでそして小さな自分の部屋で」と語るのは斎藤直人『私が愛し

 た十二人の美女たち 偏愛的女優論序説』日本図書刊行会/1999・9)、

 シネ・エッセイだ。石原吉郎桶谷秀昭への評論を上梓した硬派の論客・斎藤

 直人(1948~2019)をイメージすると心地よく裏切られる。映画は映

 画館で観るのが正統なら、ビデオやBSやパソコンなどでの鑑賞は邪道なのだ

 ろうが、何度でも再生できる一人シアターの楽しみ方をしているのだ。町には

 映画館はあったが、洋画を観るためには電車に揺られて都心まで行かねばなら

 なかった。洋画の世界を垣間見るのはTV放映と『スクリーン』などの映画雑

 誌。こうした同世代人のある種の共通した体験が「映画はビデオで」の贅沢な

 時間となる。

 (Webに続く)

 http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/singanbutusousi-45.html

 

 ------------------------------------------------------------------

 

 http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/ronko-archive.html.

 

 2020年度企画として今年度より、ネット上のWeb論考を編集部の判断により、

 適宜このサイトにリンクすることを企画いたしました。読者各位のお役にたて

 れば幸いです。

 いずれ論考数が増えてくれば、テーマ別に再編集する予定です。

 (Webに続く)

 http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/ronko-archive.html.

 

  ----------------------------------------------------------------

 

近況

あんまり久しぶりだから書き方を忘れている。

昨夜は久しぶりに妻に晩ご飯を作った。

こちらの方は、毎週日曜日に母の夕食を用意しているおかげで忘れていなかった。

豚もも肉をフライパンで焼いた。味付けは酒で溶いたウェイパー、皿に盛ってからアクセントに食べるラー油を和えた。他に、サラダ(レタス・トマト・キュウリ)と、前の晩に妻が作った野菜スープの残り。

ある人の紹介で、この春から週に一日、大学一年生に文章表現を教えることになった。

何十年ぶりかで学生生活が楽しめると浮かれていたが、コロナのお陰で振り回されている。

ようやく先月から講義を始めたが、リモート授業である。大学まで出かけずにすむのは楽でいいけれども、プライバシー保護のため、顔なし声なしのズームミーティングで、学生さんの反応が全く分からない。私の話が通じているのかどうか不安になる。

講義内容を、事前にレジメとして通知しなければならない。名称はレジメだが、ほぼ全文を書き起こしているので、実質的には講演草稿に近い。これを毎週やると、まるで週刊誌に連載をもったようでたいへんだ。しかも担当編集者がいるわけでもない。

さらにたいへんなのが、毎回、提出される小作文の採点と講評。当初は、教室で書いたものを受け取り、その場で朱をいれて返すつもりだったが、コロナのお陰でいちいち文章にしなければならなくなった。これを二クラス、46人分、次の授業までに終わらせる。けっこうきつい。

大学からは、単位を落としてはいけないと言われているので、書かない学生さんには書いてくれるよう督励しなければならない。まあ、この点は本業でも同じなのだが。

それよりもなによりも、ズームだのなんだの、使い慣れていないインターネットのあれやこれを使わなければならないのは中高年にはかなりの負担で、ときどきヒステリーを起こしている。

この点については、学生さんの方が詳しくて、うまくいっていないときは指摘してくれるのが有難い。

そんなわけで、一カ月ほど本業の方が自粛状態になっていたが、そろそろ取り組まないと妻の機嫌が悪くなる、いやすでになっている。今日からやります。がんばります。

Web評論誌『コーラ』40号のご案内

Web評論誌『コーラ』40号に〈心霊現象の解釈学〉第18回を寄稿しました。
今回は「バートルビー、または目をさえぎるもの」と題して、前回に引き続きドゥルーズを読んでみましたが、いやあドゥルーズってわっからないですねえ。わかったつもりになっていた学生時代の自分がまぶしいくらいです(無邪気な笑顔)。
あいかわらず、投げやりな議論で恐縮ですが、現代哲学と幽霊の微妙な関係にご関心のある方はご笑覧いただけると幸いです。

◆Web評論誌『コーラ』40号のご案内(転載歓迎)

 ★サイトの表紙はこちらです(すぐクリック!)。
  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/index.html
 ---------------------------------------------------------------
 
 ●連載〈心霊現象の解釈学〉第18回●
  バートルビー、または目をさえぎるもの
  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/sinrei-18.html

  広坂朋信
   前回(第17回)、「ドゥルーズは幽霊を見たか」と題してドゥルーズによる
 ベルクソン仮構作用説の解釈を見た。
  ドゥルーズの『哲学とは何か』(河出文庫)におけるベルクソン解釈のベー
 スとなっているのは、仮構作用は「知性による、死の不可避性の表象に対する、
 自然の防御的反作用」(ベルクソン『道徳と宗教の二源泉』)だというアイデ
 アである。知性は生の道具であるのに、その知性のもたらす「死は必然である」
 という表象は、生を意気阻喪させ、ややもすると人をニヒリズムに陥らせる。
 これに対して、生命は知性を欺くニセの知覚を生みだし、人をしてニヒリズム
 の穴にはまらぬよう回避させる。これがベルクソンの言う仮構作用のプロトタ
 イプである。
 (Webに続く) http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/sinrei-18.html

  ----------------------------------------------------------------

 ●連載:哥とクオリア/ペルソナと哥●
  第55章 映画/モンタージュ/記憶(その1) 
  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/uta-55.html 
 
  中原紀生
  王朝和歌と映画との密接かつ隠在的な関係性について、──言葉を補うと、
 時代も離れジャンルも異なるふたつの領域における美的体験、つまり「詠歌体
 験」と「映画体験」とのあいだには、(それが本質にかかわるものか現象にす
 ぎないか、あるいは内的構造がもたらす必然か外的状況に依る偶然か、等々の
 詮議はさておき)、なにかしら見えない関係性が潜んでいるのではないか、と
 いう私の直観が告げ知らせる仮説をめぐって──、この論考群では、これまで
 からさまざまな箇所で(その多くは、いわば備忘録のようなかたちで)言及し
 てきました。
 (Webに続く)http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/uta-55.html

  ----------------------------------------------------------------

 ●連載「新・玩物草紙」●
  雲をつかむ話/都市観察という方法  
  http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/singanbutusousi-44.html

  寺田 操
 多和田葉子「雲をつかむ話」(『雲をつかむ話-ボルドーの義兄』講談社文芸
 文庫/2019・4・10)は、「人は一生のうち何度くらい犯人と出遭うの
 だろう」という衝撃的な書き出しではじまる。多和田葉子の小説は、ある種の
 言語実験も兼ねているので、物語を多層的な視点から読むことを強いられ、想
 像力が試されているようで読む前から緊張する。この文庫を枕辺で少しずつ読
 んでいるのだが、ストーリーを追っていくことで日常のストレスを発散するミ
 ステリーやサスペンスなどの愉しみからは遠い場所に連れだされるため、なか
 なか前に進めない。かといって別の本を読むとせっかく連れ出された場所から、
 最初のページに引き戻されるという気がして枕辺から遠ざけることはできない。
 書き出しの続きは「犯罪人と言えば、罪という字が入ってしまうが、わたしの
 言うのは、ある事件の犯人だと決まった人間のことで、本当に罪があるのかそ
 れともないのかは最終的にはわたしにはわからないわけだからそれは保留とい
 うことにしておく。」と、「犯人」と「犯罪者」とを区別することで、「犯」
 という漢字にまつわるさまざまな意味や姿態を、小説世界に組み込んでいく。
 意味は固定化されない、姿態は多層である、ということだろうか。
 (Webに続く)
 http://homepage1.canvas.ne.jp/sogets-syobo/singanbutusousi-44.html

 ----------------------------------------------------------------

謹賀新年2020

あけましておめでとうございます。

私も妻も元気で年を越しました。

晦日は、妻の提案で、実家の老母とすき焼きと天ぷらそばで年越し。今年で90歳になる母は涙ぐむほど喜び、郷里秋田の鳥追いの歌を披露しました。

今夜は妻の正月料理で新年を祝いました。

f:id:t-hirosaka:20200101200144j:plain

雑煮は博多風の豪勢な海老入り。

妻が毎年作ってくれますが、今年のは特に美味しかった。

年越しの読書は、閉所恐怖症のオルフェウスが絵を描き上げられなかった、ところで春雨はどこへいったのという話。全四巻なのに年明け早々読み終わったしまったので、世界はないとかいう本に挑戦しようかなとか思っています。

ほんとうは、思わせぶりな哲学論議よりも、歴史書を気長に読みたい気分もあるけれど、諸般の事情でいたしかたなく。

ダイアリーから変わって不便になったので、あまり更新しませんが、今年もよろしく。